ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

相続、任意売却、裁判所手続きの必要な不動産取引の特命は福岡のさくら管財株式会社へ



不動産コラム トラの巻

本文のはじまりです

第10回 第3の相続対策

この国ではこれら先20年間でなんと1,000兆円以上もの個人資産が相続財産として次の世代に引継がれると言われています。 まさに大相続時代に突入していくわけですが、そこでよく耳にするのが「相続対策」という言葉です。 普段、何気に使われている言葉ですが「相続対策」には2つの大きな目的に分かれそれは「争族対策」と「相続税対策」です。 前者の「争族」ですが、これは呼んで字のごとく遺族による遺産争・・・

続きを読む

第9回 或るマンションの怪

世の中では、偶然という言葉では説明のつかない摩訶不思議な出来事が時折起こるものです。 私も長年、不動産の仕事をしてきた中で、そういった事に出くわした事が幾度かあります。 今回のトラの巻きは夏休み企画として、あるマンションの怪を告白しようと思います。 福岡市内にあるそのマンションの一室の売却依頼を受けたのは、かれこれ数年前の話です。 2階に位置するそのマンションの部屋は、特殊な事情を抱え・・・

続きを読む

第8回 営業マンはいらない

マイホーム購入を進めるうえで避けて通れないのが、不動産会社とのお付き合いです。 インターネットが普及し、世の中のあらゆる物がパソコンのスイッチ一つで購入できる時代ですが、不動産購入はそうはいきませんし、これからもそうはならないと思います。 不動産会社とのお付き合いと書きましたが、物件の案内から商談・契約・引渡しまで、一人の担当が受け持つ事が大半であるため、営業マンとのお付き合いと呼んだほうが正・・・

続きを読む

第7回 一泊300万円の宿

一泊300万円の宿があったとします。 「あなたはこの宿に泊まりますか?」という質問にほとんどの方はNOと答えると思います。 しかし、世の中にはそんな宿がたくさん存在し、多くの方が宿泊している事をご存知でしょうか? それは、ラスベガスやドバイにある超豪華ホテルのことではありません。 東京を始めとする日本の主要都市にいくつも存在しているのです。 時折、築後1年しか経過していない中古マンシ・・・

続きを読む

第6回 天の時に沿う

お客様から不動産の買い時についての質問をしばしば尋ねられますが、マイホームを買うなら今が千載一隅のチャンスなのかなと思います。 こう書くといかにも営業っぽくなってしまうのですが、それにはちゃんとした理由があるのです。 マイホームを購入するタイミングについて、個人的都合は別として考えた場合、物価や金利といった市場的状況と、減税や住宅エコポイントといた制度的状況が要素として挙げられます。 ・・・

続きを読む

第5回 人生挽回のチャンス

今まで買物で失敗したことはありませんか? 私は、星の数ほど失敗を繰り返しています。 サイズの合わない洋服を買ったり、不味い飲食店に行ったり、三日坊主の教材や健康器具を購入したり、また、買物ではないですが、パチンコ屋に行きもらったばかりの小遣いを失い頭を抱えたりと・・・ 数々の失敗と自責の念を持ちながら日々消費活動をしているのですが、これからもきっと色々と失敗していくのでしょう。 しかし、過・・・

続きを読む

第4回 ドラが乗るかの如く

不動産市場の「ゆがみ」を突ける代表的なものが、裁判所の競売市場です。 そこでは、自らが居住するために購入するいわゆる「実需」の買手の参加がほとんどなく、買取→再販で収益を狙う買手ばかりなので、一般の市場より割安な市場が形成されています。 実際に一般の方が入札をすると、安めの価格でも容易に落札が可能ですし、日頃から参加をしている不動産業者からすると、一般客の参加こそがゆがんで見えるのかもしれま・・・

続きを読む

第3回 投資のプロ

「投資のプロ」と聞いて思い出すのが、以前、世間を騒がした村上ファンドの村上世彰という人物を思い出します。 彼の投資手法は、実際の価値より割安な株式を密かに買い集め、株価が適正な水準になった所で売却するという、いわば市場の「ゆがみ」を突いた手法を得意としていました。 そこまでは問題なかったのですが、「ゆがみ」がゆがんだままの状態では、彼らの利益が上がらないため、「ゆがみ」の解消、つまり矯正局面を・・・

続きを読む

第2回 マンション建替え問題

私を含めて、マンションをお持ちのすべての方の将来に立ちはだかる大難題が、マンション建替え問題です。 この問題、マンションが大きかろうが小さかろうが必ず到来する問題で、避けて通ることはできません。 それにもかかわらず、一般的には関心が低く、行政やマンション問題専門の団体ですら真剣に取組んでいないのです。 理由の一つとして、マンションの物理的耐用年数がはっきりしない事があります。 築後40・・・

続きを読む

第1回 不動産購入とリスクヘッジ

不動産購入を検討しているお客様に「デフレなんで、今不動産を買わなくて安くなるのを待ってた方がイイんじゃないですか?」という質問をよく受けます。 確かにバブル崩壊以降、土地の価格は下がり続けていますし、人口減少、高齢化社会等、今後土地の価格は下がってあたりまえの材料しか見当たりません。 しかし、私は「だからこそ不動産を早く購入して下さい!」とお客様にお答えしております。 なぜなら、この先日本で・・・

続きを読む

トラの巻一覧

さくら管財株式会社
〒810-0044
福岡市中央区六本松
3丁目5−7-1F
TEL:092-791-7690
FAX:092-791-7692

事務所へのアクセス

さくらブログ
福岡の社長TV

pagetop